林檎のためいき

こんにちは。エンゼルグランディア越後中里の小野塚(酒と泪とトミーとマツ)です。

エンゼルグランディアのグループ会社に津南町の酒造会社「苗場酒造」があるのですが、先日自宅でネットサーフィン(死語)をしていた際に『KURAND』というお酒のオンラインショップサイトで苗場酒造が製造してこのオンラインショップでしか販売していないお酒があるのを見つけ、早速注文してみました。

それがこちらの日本酒・純米吟醸『CANDY APPLE』
苗場酒造のWEBサイトやオンラインショップでも一切紹介のない、KURANDさん限定のオリジナル商品です。

名前とラベルが表すとおり、「りんご飴のような甘酸っぱいお酒」をコンセプトに、フルーツのような甘味と酸味を産み出す「リンゴ酸」がよく出る酵母を選んで仕込んだとのことです。苗場酒造の杜氏さんも初めての挑戦した酵母だったそうです。

味わいは確かに淡麗甘口でリンゴのようなフルーティさも持ち合わせています。アルコールもそんなに強くなく、するすると飲めてしまいます。

苗場酒造め、こんなに美味しいお酒をグループ会社の人間(ワタシ)にも内緒でこっそり作っていたなんて、実にけしからん。一言知らせてくれればよかったのに!

こちらが裏ラベル。米と麹だけでこんなフルーツっぽいお酒になるのはほんとに不思議ですよね。

……というわけで今回はエンゼルグランディアにかすりもしない、グループ会社(と、その取引先)のPRみたいなブログになってしまいました。

先に書きましたとおり、オンラインショップサイト「KURAND」での専売商品となりますので、興味を持たれた方は是非そちらで注文いただき、味わってみてください。