X(聖アンドレイ十字)

こんにちは。約一ヶ月ぶりの登場、総務経理”Zackey”です。

まずは、先日行ってきたレストラン北国の写真を載せます。

 

場所はこちらで、灰色で示したルートが湯沢ICから当ホテルへの最短経路になるので、大抵の場合はこのレストランを通ることになると思います。(そして、おそらくそれは唯一のものです)

 

ご多分に漏れず、私もここで夕飯をいただいた後、高速道路に乗って、群馬県へと向かいました。

群馬県の友人宅で一泊した翌朝、甲府にある昇仙峡へ向けて旅立ちました。まず、関越自動車道に乗って、埼玉県の秩父地方を通過し、雁坂トンネルを抜けると山梨県山梨市に入ります。埼玉県と山梨県が接しているという事実は、意外と知られていないのではないでしょうか?

しばらく行くと、昇仙峡に着きます。残念ながら、紅葉にはまだ少し早かったのですが、

 

色づく木々もそこかしこに見受けられました。

 

そこから紅葉もちょうど見ごろの八ヶ岳高原ラインを通り、(通行止めになっていたため、途中で引き返す羽目にはなりましたが😅)

 

清里にある清泉寮に立ち寄りました。実は6月にも訪れていたのですが、その時工事中だった建物が7月にリニューアルオープンしていたようで新しい姿を見られました!

 

余談ですが、下の画像にあるXのようなマークは聖アンドレイ十字といって、清泉寮を管理するキープ協会の属するプロテスタントの一宗派に基づくものなのです。

そして、4月に開通したばかりの中部横断自動車道八千穂高原IC~佐久南ICを通りそのまま上信越自動車道→関越自動車道とワープし、群馬に少し立ち寄ってから、新潟に戻ってきました。

丸一日と三時間で新潟から群馬、群馬から埼玉を抜けて山梨、山梨から長野経由で群馬、そこから新潟に帰るというなかなかのエクストリーム・旅行でした。