R・E・S・O・R・T

こんにちは。総務経理”Zackey”です。

本日のメニューは、「湯沢町のリゾートマンション」でございます。このホテルエンゼルグランディア越後中里も、当初はリゾートマンションとして建造され、現在でも部屋のうちおよそ半分はオーナーのいるリゾートマンションです。

完成年 マンション名 地区 階数 部屋数
1985年 エンゼルリゾート湯沢 湯沢 9階 130戸
ライオンズマンション越後湯沢 湯沢 16階 200戸
1987年 ピステ湯沢 岩原 10階 133戸
1989年 ファミール・ヴィラ苗場 苗場 14階 222戸
シルバーグレース湯沢一番館 岩原 13階 108戸
1990年 スポーツメント湯沢2 岩原 16階 545戸
ザ・ハウス湯沢 湯沢 14階 166戸
プレジール湯沢 湯沢 11階 313戸
コンフォート苗場 苗場 14階 234戸
シェスタ苗場 苗場 14階 196戸
1992年 エンゼルグランディア越後中里 中里 15階 722戸

(図1):参考資料として――株式会社エンゼルが運営するマンションの一覧

湯沢町のリゾートマンション建設は第二次スキーブーム(1960~70’s)から第三次スキーブーム(1980’s中盤~90’s初頭)にかけて行われ、総数は62棟に上ります。その室数(15,289戸)は湯沢町の2018年7月現在の人口(8,087人)を上回り、世帯数(3,776世帯)の4倍以上にあたります。リゾートマンションを湯沢町の地域別に分けると、越後湯沢駅周辺の湯沢地区、

(写真1)

このエンゼルグランディア越後中里も含まれる岩原・中里地区(写真1)、

(写真2)

苗場地区(写真2)に分かれます。

現在では、リゾートマンションは当初のスキー場に向かう人々のためのものというところから、少しづつ永住者も増えてきて、その意味合いが若干変わってきたように思います。