[an error occurred while processing this directive] [an error occurred while processing this directive]

アクティビティータイトル画像

湯沢の登山トレッキング
バラエティ豊かなトレッキングコース
登山&トレッキングマップ
飯士山 岩原コース 三国山コース
平標山コース 秋葉山コース
大源太山コース 謙信ゆかりの道から蓬新道コース
苗場山コース トレッキング湯沢Ⅰ
トレッキング湯沢Ⅱ YUZAWA ジョグ&ウォーク
飯士山 岩原コース
飯士山 飯士山は、その姿が富士山に似ていることから、別名「上田富士」とも呼ばれ、南面山麓には岩原スキー場、北面麓には舞子高原後楽園スキー場が広がる。眺めもよく谷川連峰への入門として格好の山である。
見所 頂上の眺望
頂上からの360度の眺望は素晴らしく、谷川連峰の美しい姿をはじめ、八海山・中ノ岳・駒ヶ岳の越後三山や巻機山などの雄大な山景色が、また視界が良ければ佐渡が島まで望める。
花は、登山道の頂上付近では、5月初旬にツツジやタムシバが楽しめる。
トピックス 高さが111.8mであることから、毎年11月11日には記念登頂をおこなう人でにぎわう。

*山頂から神弁コースは険しいので下山を禁止!
登山適期 5月初旬~11月中旬
歩行時間 約3時間30分
日帰りコース 初級者向け
ツツジ・タムシバ(5月初旬)
お問合わせ 湯沢町産業観光課
TEL:025-784-4850
  飯士山
南面山麓
コース地図はこちら
三国山コース
三国山 三国山は群馬県境に位置し、登山口が国道17号線から近く、山頂までの行程も短いことから初級者におすすめのコースだ。
見所 ニッコウスギの大群落
春から夏にかけて三国権現から三国山頂の間は、ウラジロヨウラクやイワハゼなど、さまざまな花が登山道を彩る。圧巻は夏、広いお花畑一面に咲くニッコウキスゲの大群落。緑の草原に黄色の花をちりばめたさまは山歩きの疲れをしばし忘れさせる美しさだ。

三国権現
三国峠はかつて越後と上州を結ぶ三国街道の要所で、峠には当時の面影をしのばせる、上野赤城・信濃諏訪・越後弥彦の三明神をまつった三阪神社が建っている。
登山適期 5月初旬~11月中旬
歩行時間 約2時間50分
日帰りコース 初級者向け
ニッコウキスゲ(7月中旬~下旬)
お問合わせ 湯沢町産業観光課
TEL:025-784-4850
  三国山
三国権現
コース地図はこちら
平標山コース
平標山 平標山は、谷川連峰の西端に位置し、眺望の良さと高山植物に恵まれた山。登山口が国道17号線から近く、高山の雰囲気を味わえる山頂まで比較的容易に登れることから人気が高い。
見所 花の山
「花の百名山」にも選ばれたほど、種類も豊かな高山植物の宝庫。特に、頂上周辺のお花畑が素晴らしく、ハクサンコザクラやハクサンイチゲ、8月初旬にはキンコウカが一面じゅうたんのように咲き乱れる。

仙ノ倉山
足に自信があれば、平標山頂から仙ノ倉山への往復(2時間)もおすすめ。仙ノ倉山は、谷川連峰で唯一2,000mを超える山で、平標山頂から美しい稜線を描く登山道の両脇には、一面のお花畑が広がる。
登山適期 5月中旬~11月初旬
歩行時間 約6時間
日帰りコース 初級者向け
キンコウカ(8月初旬)
お問合わせ 湯沢町産業観光課
TEL:025-784-4850
  平標山
ハクサンイチゲ
コース地図はこちら
秋葉山コース
秋葉山 秋葉山は、越後湯沢駅から近く初級ハイカーに最適な山。百体の観音様をまつる「百番観音」のルートであり、地元信仰の対象でもある。
見所 新緑・紅葉
秋葉山は標高が590.2mと低いことから、夏季よりも新緑の春、紅葉の秋がおすすめ。温泉街に近く、気軽にトレッキングを楽しむことができる。山頂からは湯沢温泉の街並みが一望できる。
登山適期 4月初旬~11月初旬
歩行時間 約1時間20分
日帰りコース 初級者向け
新緑(4月中旬)
お問合わせ 湯沢町産業観光課
TEL:025-784-4850
  秋葉山
カタクリ
コース地図はこちら
大源太山コース
大源太山 「ゲンタ」は方言で、四角い木材のことを言い、山容が角張っていることから名づけられた。「東洋のマッターホルン」とも呼ばれ、下から見上げた山容は美しく、登頂意欲をそそる山である。渡渉、急登、やせ屋根、岩場と変化に富み、登山技術のレベルアップに最適なコースだ。
見所 眺望
森林限界へ出てからの展望は素晴らしく、谷川岳や蓬峠、七ツ小屋山、朝日岳、巻機山など一大パノラマが望める。
注意点 渡渉点は雪解け時期の5月いっぱいは午後になると増水することがあり、渡れないことがあるので注意が必要。また渡渉点から森林限界までの間にあるまっすぐな急勾配、頂上直下の岩場は、特に下りは注意して歩行した。
登山適期 5月中旬~10月下旬
歩行時間 約4時間40分
日帰りコース 中級者向け
紅葉(10月中旬)
お問合わせ 湯沢町産業観光課
TEL:025-784-4850
  大源太山
紅葉の大源太キャニオン
コース地図はこちら
謙信ゆかりの道から蓬新道コース
飯士山 戦国の武将、上杉謙信は関東側に攻め込むときに軍馬を揚げたという言い伝えがあり、2mほどの幅で踏み趾がところどころ残っているこの道を、復元整備した。つづら折れが多く、比較的登りやすい道となっている。
見所 稜線のニッコウキスゲ
シシゴヤノ頭から蓬峠にかけての稜線に沿って、ニッコウキスゲなどの花々が咲き、歩くのが楽しくなる。
以前よりだいぶ減ったが、今また復活させようと試みられており、数年後には一面真っ黄色に染められることだろう。また5月中旬から6中旬にかけ、稜線上の雪の消えたところからシラネアオイが咲き出し、場所によっては長く花を楽しむことができる。
登山適期 5月中旬~10月下旬
歩行時間 約6時間
日帰りコース 中級者向け
ニッコウキスゲ(7月中旬)
お問合わせ 湯沢町産業観光課
TEL:025-784-4850
  謙信ゆかりの道
蓬ヒュッテ
コース地図はこちら
苗場山(祓川コース・赤湯ルート)
苗場山 「日本百名山」「花の百名山」に選ばれ、約4km四方の広く平坦な頂上と、そこに広がる湿原が魅力の山。
苗場の名は、池塘の中のミヤマホタルイが、田んぼに植えた苗のように見えることからつけられたという。
見所 広大な湿原
苗場山の頂上には、周囲4km四方にわたって大小数百の池塘が広がる高層湿原がある。6月下旬、雪の消えたところからチングルマやイワカガミが咲きはじめ、7月初旬にはピンクのヒメシャクナゲ、夏にはワタスゲやキンコウカが、そして9月下旬になると紅葉で彩られる。また、山頂に山小屋があるので、1泊すれば、満点の星空を望むことができる。

高山植物
中ノ芝から苗場山のお花畑までのコース上には、6月初旬にはアズマシャクナゲとシラネアオイが群生するのをはじめ、200種類ほどの高山植物が見られる。

頂上からの眺望
苗場山山頂からの眺めは雄大だ。一等三角点から見渡せば、富士山をはじめ、浅間山、北アルプスの山々が手に取るように望め、妙高山の先には能登半島、日本海には佐渡が島が浮かぶ。
登山適期 6月初旬~11月初旬
歩行時間
祓川コース ・約8時間10分
・日帰りコース
・中級者向け
赤湯ルート ・約12時間40分
・1泊2日コース
・健脚向け
ヒメシャクナゲ(7月初旬)
キンコウカ(8月初旬)
お問合わせ 湯沢町産業観光課
TEL:025-784-4850
遊仙閣
TEL:025-787-3268
  苗場山
苗場山山頂近くの池塘
シラネアオイ
コース地図はこちら
トレッキング湯沢Ⅰコース
八木沢口から鹿飛配までと、その手前から大峰山を通って湯沢高原ロープウェー山頂駅に至る、安全な初級者向けトレッキングコース。森の緑、川のせせらぎ、野鳥のさえずり、そして季節の花々がやさしく迎えてくれる、湯沢イチ押しのスポットである。
見所 一楠場コース
栄太郎峠とアルプの里をつなぐ延長1.4km、高低差約200mのルート。うっそうと茂る原生林の中をあるくこのコースは、自然木を使った階段や手すりが設けてあり、木々の緑を満喫しながら快適に歩ける。

清津川の渓谷美
日本三大渓谷のひとつ、清津川渓谷の上流部にあたり、八木沢口から鹿飛橋までならコバルトブルーが美しい清津川沿いを歩く平坦な散策路となっていて、気軽に渓谷美を堪能できる。

ブナ林の新緑・紅葉
ブナの原生林では、春は萌える新緑、秋は燃えるような紅葉、そしてバードウォッチングが楽しめる。自然観察には最適なコースだ。
注意点 歩きやすいコースだが、ところどころ沢に出るので、最低限の装備は必要。特に履物はトレッキングシューズなどをきちんと用意したい。
登山適期 6月~11月初旬
お問合わせ トレッキングのことなら
湯沢町観光協会
TEL:025-785-5505
  木々の緑を満喫
ダブルキャニオンロック
コース地図はこちら
トレッキング湯沢Ⅱ(中部北陸自然道「越後三国街道石畳のみち」)コース
「越後三国街道石畳のみち」は、貝掛温泉と平標山登山口を結ぶ9.5kmの自然散策道。歩きやすいよう整備され、誰でも気軽に草花や野鳥をふれ合えるネイチャースポットだ。
見所 山鳥原公園
山野草園、白樺とツツジの森、旧三国街道を再現した石畳のみちなどがある、自然を生かした公園。
春のベニヤマザクラ、秋の紅葉の美しさは見事。自然散策にも最適で、花ではネジバナ(4~9月)、ヤマオダマキ(6~8月)、アザミ(5~8月)など野鳥ではキビタキやオオルリ(夏鳥)、ヤマセミ(留鳥)などを見ることができる。また管理棟の山鳥原茶屋は、平標山登山のビジターセンターとしても利用できる。

日向の石畳のみち
トンネルがなかった昔は、越後から関東へ出るには三国街道を通って往来した。山道は険しく急勾配だったが人々は歩きやすいように工夫。それがこの石畳のみちである。現在この道は、「中部北陸自然道」の一部になっている。
登山適期 6月初旬~11月初旬
お問合わせ トレッキングのことなら
湯沢町観光協会
TEL:025-785-5505
  再現された石畳の道
ブナ林
コース地図はこちら
YUZAWA ジョグ&ウォークコース
【東山コース】
越後湯沢駅東口からスタート。前半は魚野川を、後半は大源太川沿いを通る全長13.1kmのコース。爽やかな川のせせらぎを聞き、なつかしい田園風景が堪能できる野趣豊かなひととき。途中、湯沢レジャープール「オーロラ」に立ち寄り、のんびり泳ぎを楽しむのもまた一興なり。

【西山コース】
越後湯沢駅西口からスタート。手軽に花と並木を楽しめる全長5.7kmのコース。花水木通りの沿道には春から秋まで色とりどりの花が咲き、紅山桜、カリン、サルスベリの並木も。花水木通りに平行する魚野川は夏季の水遊びに最適。栄町並木では、緑豊かなケヤキがさわやか。
見所 湯沢中央公園 花水木通り
スポーツ&カルチャー施設が揃う湯沢中央公園。広大な敷地内の花水木通りには植栽した花々が、四季折々、見事な色合いで訪れる人を迎える。
24面のオールウェザーテニスコート、サッカー、野球、陸上競技(第3種公認)施設、レジャープール、カルチャーセンターまで楽しみ尽きない公園。

百庚申塔
小坂にある百体の石塔。青面金剛明王を中央に、塔には楷書をはじめとした興味深い文字が刻まれている。静寂な中、まるで作者が語りかけてくるかのよう。

瑞祥庵の仁王像
曹洞宗瑞祥庵楼門に安置される二体の仁王像は、幕末から昭和初年に活躍した名彫刻師・石川雲蝶の入魂の作。造形美と色彩感覚の魅力は今も色あせない。
登山適期 6月中旬~11月中旬
お問合わせ トレッキングのことなら
湯沢町観光協会
TEL:025-785-5505
  花水木通り
百庚申塔
コース地図はこちら
[an error occurred while processing this directive]
[an error occurred while processing this directive]
飯士山(岩原コース) 三国山 秋葉山 大源太山 謙信ゆかりの道かあら蓬新道 苗場山祓川コース 赤湯レートトレッキング湯沢Ⅰ トレッキング湯沢Ⅱ 平標山